情報誌の罠に注意しよう

情報誌の罠に注意しよう


情報誌の罠に注意しよう
"「この物件なら少しくらい予定賃料を上乗せしても良いかな」と思いがちですが、それは大変危険なことです。
賃貸探しで予定賃料の引き上げは最終手段であり、とにかくまずはじっくりと収入に見合う賃貸を探しましょう。広告雑誌で最も注意しなければいけないのが、発売されるまで約2週間程度合間があるということになります。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。

広告雑誌では誌面が限られているということもあり、どうしても偏った情報が掲載されてしまいます。
良いことだけを紙面に掲載していることから、不動産屋にまで足を運んでもらいためのおとり広告だと思ってもいいでしょう。

賃貸住宅情報誌に載っているものを基準として、家賃相場を予測して不動産屋に行ってはいけません。
特に東京や大阪などの都市部ではよくある話しですが、不動産屋で相場を聞くと想像以上だった、なんてことはよくあることです。"



情報誌の罠に注意しようブログ:19/11/17

こんにちわですー

ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


友達に誘われて、昨日遊園地に
行ってきました。

なんか、元気がないってパパさんにも言われたし。


ガス溶接作業主任者を勉強して、転職しようか・・・

今の仕事を続けるか、本当に悩んでいます。

ダイエットEXと腕立てを続け、
休みの日も骨盤体操に行ってるけど、
なんか行く気がしなくて。

今、ちょうど考える時期なのかもしれない。

明日、会社の人がひとり辞めることになって、
地元へ戻って家業をするらしいけど、今だとその方が
実家にも暮らせるし、安定するって言っていて。

たしかに・・・その通りかもしれないなとか思う。


朝の天気が雲ひとつない晴天とか、天気次第で気分も変わるし。

あさからもダラダラ・・・

少しマッタリしよう
なーんて思ってるけど、首が気になる。

ストレス発散をしようとは思うけど、自分から動こうとも
思わないしね。

遊びに行っている時にも、ふと考えてしまうことがあって、
まだ独身だから、自由にするなら今のうち!とも思う。

家族がいれば、やりたいことも我慢しなくてはいけないことも
あるし、転職を考えるなんて、とてもじゃないけど無理なことも
あるしね。

色々考えても、結果が出ない時は、今は大人しくしておくべき
なのかなーとか思うし。


なんだかしばらくドイツに行ってみたい気分。

何も考えずに、知らないところで、色々な勉強をしたい。

とはいえ、英語もロクに話せないから、すぐホームシックに
なっちゃうかもしれないけどね。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
情報誌の罠に注意しよう

情報誌の罠に注意しよう

★メニュー

大手不動産屋が良いとは限らない
おとり広告に注意をして賃貸探し
賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
予め賃貸の条件を決めておきましょう
年間を通じて家賃が同じとは限らない
敷金と礼金について知っておこう
不動産屋のキャンペーンに注目
部屋探しを始めるタイミング
情報誌の罠に注意しよう
インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸情報ステーション★見つかる賃貸