"賃貸だからこそ交通の便の良い物件を選ぶことが大切であり、様々なアクセス手段を確認しておきましょう。
電車やバスはもちろんのこと、深夜遅く帰ってくることも考えてタクシーの状況もチェックしておく必要があります。退去時の敷引きの扱いについてはトラブルになりやすい傾向があるために、国土交通省から「ガイドライン」が提示されています。
敷金を巡ってのトラブルが多いことから、事前にこのガイドラインの情報は確認をしておくようにしましょう。

 

礼金は大家さんに部屋を貸してもらうためのお礼の意味として渡すお金なので、解約後も返金されることはありません。
一般的に賃料の1〜3ヶ月分が礼金として支払うこととなりますが、今では礼金という習慣そのものを無くした物件も多くあります。

 

敷金は家賃の保証になるために、大家さんもしくは管理会社に預けておく保証金となります。
退去時の現状復帰費用で使用されたり、また家賃の滞納があった場合にその補填分として敷金が使用されます。"



敷金と礼金について知っておこうブログ:19/11/10

焼肉屋さんでは
「ついつい多く注文してしまう」
「肉をつまみながら、ビールを飲みすぎてしまう」
「ライスが進んでしまう」
「しめにビビンバやクッパなどライスものを食べてしまう」
「デザートにアイスキャンディーを食べてしまう」

…ということで、
ダイエット中は困ってしまいますよね。

お肉以外の
野菜料理や魚介類などを上手に選んで食べれば
ダイエット中でも怖くないんですよ!

まず、キムチ、カクテキなどの発酵食品は代謝を促進します。
またキムチに含まれる唐辛子は脂肪燃焼効果が期待できるので、
お肉の前に必ず食べましょう。

そして、
野菜焼きやナムル、野菜スティックなどで野菜不足を補いましょう。
またイカやホタテ、タコは肉類より低カロリーです。
噛み応えもあるので満腹感もアップしますよ。

また、スープも必ず注文しましょう。
海草や野菜がとれる、肉体を温める、腹を膨らませる…など
汁物にはメリットがいっぱい。
ビールの飲みすぎも予防できて一石二鳥です。

焼肉と言えばビールですが、
ビール類は感覚を麻痺させ、食べすぎをセーブできなくなるので危険!
ジュースなどのソフトドリンクも意外とカロリーが高いので、
ノンカロリーのウーロン茶や緑茶がおすすめです。

肉ばかり食べていると、物足りなさから、
腹いっぱいでもビビンバ、クッパ、冷麺などの
炭水化物メニューを注文してしまいがち…
ライスものは肉と同時進行で食べましょう。

最後のアイスキャンディーは魅力的ですが、確実にカロリーオーバー!
口直しのガムに留めましょう。

ついついたくさん食べてしまう焼肉屋さんでの食事も、
食べ方を考えて注文すれば、
ダイエット中でも安心ですよ!